グラスヒュッテ・オリジナルのような時計では、好き嫌いは別にして、日付窓こそが主役になっているからだ。

グラスヒュッテ・オリジナルの日付窓をもう一度見てみよう。セネタ、SeaQ、セブンティーズなど、ほかのGOコレクションで見られるものとほぼ同じフォルムで作られている。開口部の外側に沿って2段になったきれいな斜面があり、コンプリケーションのための繊細なフレームを形成している。日付表示の歯車は、ほとんどの場合、ダイヤルの色調と正確に一致させ、シームレスな外観を実現している(GOでは美観上の理由から、日付表示窓に別の色調を使用することもある)。例えば、写真のパノマティックルナのシルバーダイヤルは、全体的にオープンスペースにすることで高精細で広角な効果をもたらし、40mmのエレガントなサイズからは想像できないほど大きな時計に見える。

この点こそ、日付表示窓で人々が感じる主な問題点のひとつなのだ。日付表示窓は設計の過程でしばしば後回しにされる。直感的で、手頃な価格で、ユーザーフレンドリーな複雑機構としてデザインされたはずの日付窓が、不当に悪者扱いされるのはデザインの怠慢が原因だ。

グラスヒュッテ・オリジナル スーパーコピーパノ グラフ ref.61-01-02-02-04

型番 ref.61-01-02-02-04
商品名 Glashutteoriginal(グラスヒュッテ・オリジナル)
ムーブメント 手巻
タイプ メンズ
サイズ 39.4
付属品 ギャランティ(国際保証書)、純正箱 内箱、外箱
商品番号 gl002

我々は日付窓の実装が不十分であることを指摘し、悪口を言うことにエネルギーを費やしているが、我々の批判にずっと前に対処した企業を応援することも忘れてはならないと思う。なぜなら、パノマティックルナのような時計では、好き嫌いは別にして、日付窓こそが主役になっているからだ。

時計の詳細は、グラスヒュッテ・オリジナル公式サイトを。

【関連記事】:http://stc.co.jp/topbk/img/diary.cgi

0 thoughts on “グラスヒュッテ・オリジナルのような時計では、好き嫌いは別にして、日付窓こそが主役になっているからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です