ナイキ“地下足袋”スニーカー

ナイキ(NIKE)のユニセックススニーカー「ナイキ ISPA ドリフター」の日本限定モデルが、2021年8月31日(火)よりナイキラボ MA5などで発売される。

スーパーコピー スニーカー

地下足袋シルエット「ナイキ ISPA ドリフター」から限定インディゴカラーnull

Improvise(即興)、Scavenge(探求)、Protect(保護)、Adapt(順応) を理念とするナイキのISPAプロジェクト。実験を基本にしながら、日常の中にある問題をスマートに解決する機能性と、実用性を優先させた汎用性の高いシューズやウェアを開発している。

「ナイキ ISPA ドリフター」は、そんなISPAプロジェクトから2020年に登場したスニーカー。日本の地下足袋から着想したアッパーと大きくはみ出たソールを組み合わせた、ユニークなシルエットの1足だ。また、コルクやリサイクル素材のほか、スエード、天然のヘンプなど、様々な素材をコンビネーションさせているのも特徴的。

徳島の藍師・染師「BUAISOU」が伝統的工程で染色

今回登場する限定モデルは、シューズ全体をインディゴで染め上げた特別なカラー。染色は、徳島で藍の栽培から染め物までを一貫して行う藍師・染師「BUAISOU」が手掛けている。伝統的な工程で一足一足丁寧に染めているため、個体によって染まり具合や雰囲気が異なる、世界に1足だけのプレミアムなシューズとなっている。

素材の色味をそのままにしたナチュラル カラーも

インディゴ カラーに加え、素材そのものの色をあえてそのまま使用したナチュラル カラーも展開される。

【関連記事】:Ninki女子友達へのプレゼントランキング

0 thoughts on “ナイキ“地下足袋”スニーカー

オメガの初代腕時計。 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です